トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

絵心をそそる無料編集ソフト

昨日掲載した『絵』ですが、実は、『絵』ではありません。下の画像に、画像編集ソフトで手を加えたものです。下の画像も、オリジナルではなく、上下、2枚に分けて撮ったのを、別のソフトで張り合わせたものです。コンパクト・デジカメは、広角のカバーができないので、こんな手段が必要になるのです。ちなみに、使用したのは、全部無料ソフトです。

画像張りあわせには、autostitch を用いました。ホームページを見てもわかるように、2次元パノラマの張りあわせが自動でできる優れものです。インストール不要で、直接autostitch.exeをクリックしてスタート。File>Openで画像を選ぶと、数秒で完成品がpano.jpgというファイルに出力されます。縁が丸まって少しいびつになるのは、パノラマ合成にはつき物、クロップすれば問題解決です。

画像編集ソフトは、Paint.NETを使いました。このソフトは、編集機能の中に、油絵状にする、鉛筆スケッチ様にする、など、楽しいツールがあり、デジタルクリスマスカードや、デジタル年賀状も作れます。

それでは、皆さんよいお年を

Whakanui_creek_small


| | コメント (0) | トラックバック (0)

まるで絵のような...

私の作品です

Whakanui_creek_oil_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウェリントンは、こんなところ

ニュージーランドの首都。大きな湾に面し、すぐになだらかな丘陵地帯につながる、神戸のあたりの地形をU字型に曲げた、という感じかしら?

興味がある方は、下のリンクで、丘の上にある気象(Met Service)台の、回転ウェブカムの映像が見られます。

Blogged with Flock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある日 森の中 ...(その1)

熊さんじゃないけど、こんなのに出合った (写真にクリックすると、お話が読めます)

Cow_at_cow_saddle

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Macpac Esprit

Macpac というのは、ニュージーランドの代表的な登山用品メーカーで、その製品は日本にも輸入され、隠れた人気があるようです。

そのマックパックの代表的な製品、Esprit について、『中つ国の山と谷』にまた記事を書きました

興味のない人には、つまらない山道具のうんちくですが、お好きな方は、どうぞ。以前の関連記事は、こちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おことわり

このブログにはじめていらっしゃった方へ

まず『はじめに』を、お読みください。最新記事は、この下となります。

コメントをいただく際は、認証コード入力をお願いします。コメント内URLリンク・HTML不可(テキストのみ)になっております。トラックバックは、内容的に関連があるもののみ認証後に表示されます。迷惑行為予防のためですので、よろしくご理解お願いします。どうぞお楽しみください。

|

はじめに

このブログは、エキサイト・ブログを利用した、ニュージーランドの山サイト、『中つ国の山と谷』と、密接な関連があります。

『中つ国の山と谷』は、『指輪物語』の映画化で有名なピーター・ジャクソン監督のホームグランド、ウェリントンのニュージーランド地方の、地域の山での登山の経験が中心の内容です。

その『中つ国の山と谷』と平行に、このブログを始めた、直接のきっかけは、ブログ記事作成・API投稿機能を標準搭載した、交流型ブラウザー(Social Browser)FLOCKを使い始めたことでした。『中つ国の山と谷』を設置しているエキサイトのブログサービスは、使い慣れていてよかったのですが、このAPI投稿機能には対応していません。それで、API投稿機能対応済みのココログに引っ越そうかと思い、試しにアカウントを作ってテスト記事を作成してみたのですが、レイアウト編集など、エキサイト・ブログと比べて、かなり使いにくく感じ、やはり引越しは無理、という結論に達しました。

とはいえ、このまませっかく取得した、maunga (マオリ語で山)で始まるドメイン・ネームを削除するのも気が進まないし、FLOCKAPI投稿機能は、短い記事作成にはとても使いやすく、更新ペースが上がるので、このブログは、『中つ国の山と谷』短報・再発見ブログとして、ちょっと名前と体裁を変えて、続けることにしました。長い山行報告や情報記事、写真が多く、重たくて更新が遅かった『中つ国の山と谷』に対し、山にこだわらず、ニュージーランド・ウェリントン地方で出合った、個々のイメージやモチーフについて、簡潔に、淡々と語って生きたいと思います。もちろん、『中つ国の山と谷』に関連するモチーフについては、該当記事にリンクして、興味がある方には、もっと詳しく読んでいただけるようにします。

それでは、これから、どうかよろしくお願いいたします。

Mimi's Mum

Blogged with Flock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年1月 »