« ウェリントンについて(1・猫好きの天国) | トップページ | ウェリントンについて(3・映画の都) »

ウェリントンについて(2・エスプレッソの魅惑)

先日に引き続き、『ウェリントンの世界一』テーマで

ニュージーランドの首都、ウェリントンは、一人あたりのCaféの数が、世界で一番多い町なんだそうです。

日本では、カフェというと、カフェテリア=学食と混同する人もあるようですが、こちら、というか英語圏諸国全般では、エスプレッソでいれたコーヒーを飲ませ、ヨーロッパ風のちょっとおしゃれなお菓子や軽食などを出すところ、という意味です。

私も、こちらに来てエスプレッソの味を覚えました。(もともと紅茶派で、カフェインの強いのは苦手なので、Latteしか飲めませんが。)

|

« ウェリントンについて(1・猫好きの天国) | トップページ | ウェリントンについて(3・映画の都) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/514585/9948036

この記事へのトラックバック一覧です: ウェリントンについて(2・エスプレッソの魅惑):

« ウェリントンについて(1・猫好きの天国) | トップページ | ウェリントンについて(3・映画の都) »